よくある質問

1後期高齢者医療制度に関するQ&A

問1 後期高齢者医療制度とは何ですか?

 75歳(一定の障害のある方は65歳)以上のすべての方は、国保、健保組合、共済組合などから脱退し、都道府県単位で広域連合が運営する後期高齢者医療制度に加入します。
被保険者一人ひとりに保険証が交付され、健保組合等の被扶養者だった方も含めて被保険者全員に保険料を納めていただきます。保険料は原則として年金から天引きされます。
また、受けられる医療は、これまでと変わりはありません。

問2 保険料はどのように決まるのですか?

 保険料は、被保険者の方に等しく負担していただく被保険者均等割額と、その方の所得に応じて負担していただく所得割額の合計額です。年金だけで決まるわけではなく、山林所得や不動産所得など他の所得も含めた全体の所得に応じて決まります。

問3 なぜ保険料を年金から支払わなければならないのですか?

 金融機関の窓口でお支払いいただく手間をおかけしないようにするとともに、保険料を確実に納めていただくことによって、共助の仕組みである医療制度に加入する他の方々の保険料の負担が増すことのないようにすること、保険料の徴収に係る行政の余分なコストを省くことを趣旨として設けられた仕組みですので、ご理解をお願いいたします。

問4 同じ市町村に住んでいるのに、年金から保険料を差し引かれる人と差し引かれない人がいますが、どうしてですか?

 年金から保険料をお支払いいただく対象となるのは、年金額が年額18万円以上の方であって、介護保険料と後期高齢者医療制度の保険料を合わせた額が年金額の2分の1を超えない方です。

問5 保険料はどのように計算されるのですか?

 保険料は、被保険者の方に等しく負担していただく被保険者均等割額と、その方の所得に応じて負担していただく所得割額を合計して計算します。
山梨県の平成30・31年度(令和元年)の均等割額は40,490円、所得割額はご本人の基礎控除後の所得に所得割率7.86%を掛けた金額となります。
なお、所得の低い世帯に属する方や健保組合等の被扶養者だった方には、保険料の軽減措置があります。

問6 社会保険であった夫が75歳を迎えて後期高齢者医療保険に移行する場合、被扶養者であった私(妻:72歳)の保険はどうなりますか?

 ご主人様については、75歳を迎えられる誕生日から後期高齢者医療制度に加入していただきます。
これに伴い、被扶養者であった方についてもその社会保険等を同時に脱退することになりますので、ご主人様以外のご家族の社会保険等の被扶養者になれる場合はその健康保険へ、そうでない場合はお住まいの市町村における国民健康保険のいずれかに加入する手続きを行っていただく必要があります。

2ジェネリック医薬品について

 政府インターネットテレビ も併せてご覧ください。

3整骨院・接骨院 柔道整復師の正しいかかり方

 

4あはき療養費にかかる受領委任制度について(施術管理者向け)